文庫「シャム猫」

--.--.-- -- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.01.07 Wed 
6_20150107200210b37.jpg

2015年も
atelier Shamchkaと文庫「シャム猫」を
宜しくお願いします。

お正月も、もう7日ですねー
年末にフリーズドライの「春の七草セット」を用意しておいたのに、
今朝はすっかり忘れて、2人ともグラノーラ…!
頭だけでもサッサと日常に戻さなければ。

2015年最初の投稿です。

確か5年前に描いたと思われるヒツジちゃん。
新春らしく、背景をピンクにしました。
こちらの年賀状、結局頂いた方にだけお出ししたような状況です。

去年に引き続き、わたしのほうの実家で、年越しを過ごしました。

1_2015010720015864e.jpg 

母と打ち合わせもせずに、
ただただローストビーフ1kgと栗きんとん900g、あと松前漬けだけ持って電車に。
(なんかちょっとハードボイルド 笑)

到着してみると当たり前のように母がいろいろ準備していてくれて、
お重詰め作業から、今年もわたしがやらせてもらいました。
お節料理はテンションが高くて盛り付けが楽しい!
それまでの準備は大変だけど。
…ママありがとう。

3_20150107200200cd6.jpg

中央のお重には、竜眼巻き、海老、くわい、田作り、胡桃と味噌の紫蘇巻揚げ、
人参と豚しゃぶ肉の昆布巻き
(コレすごく美味しい)、鶴の紅白蒲鉾、
松前漬け
(父の持病対策のため人参多し)。

奥のお重は、
摩り下ろした里芋とチーズの揚げ物ゆず味噌のせ、と お煮しめ
普通の人参と金時人参のねじり梅はわたしが作りました。

全体的な飾りつけは、南天葉蘭で。
敷地内に群生しているのを取ってきます。
2_201501072001592e8.jpg 

甘い物ばかりの円形のお重には、白隠元のきんとん、毎年お取り寄せしている白露ふうき豆
母作の黒豆、シャム猫夫とわたし作の栗きんとん
今年もシャム猫夫が頑張って芋を裏ごししてくれ、わたしは味をつけて練っただけです。

酢の物のお重には、なます、梅酢蛸酢蛸
定番の伊達巻、錦玉子、紅白蒲鉾は購入したもの。
その中には、母作の菊花かぶ

長方形のお皿には、紅玉二色寒
こちらは子供のころから食べている、ママの恒例のお節料理。
今年も縁起よく紅白石畳状に飾ってみました。
紅は皮付きの紅玉を、白は皮を剥いた紅玉を使って作っています。

あとは、数の子、八つ頭の白煮、サラダ
お屠蘇の代わりは、信州で葡萄農園をやっている方からの頂き物の自家製・巨峰酒

そんな中、メインのお皿はこちら。

4_20150107202516e93.jpg  
シャム猫夫お手製のローストビーフ 1㎏。
ワサビ、それから赤ワインソースをたっぷりかけて食べます。

甘い しょっぱい 甘い しょっぱい おせち料理…お、恐ろしい子!(もちろん白目)

2014年も母とわたしの合作お節でした。
その時の記事はこちら → 

前日の大晦日。
生もの、温かいお料理以外はすべてお重に詰めてしまいます。
それと並行して、ご近所に住む一人暮らしの方へのおすそ分けの御節も。

5_20150107200202fda.jpg 
詰め終わった後は、蟹!
その後、天ぷらそば!!
思わず わっはっは!!

こんな年末年始でした。
あとは実家は、猫 ですね。
「かつて迷い猫 現在飼い猫」が全部で5匹います。
蟹を食べてる間も、御節をつついている間も、猫だらけです。
次回は、そんな猫のこともご紹介したいと思っています。

あらためてこの一年も、
どうぞよろしくお願いします。

ではまた☆













スポンサーサイト
2014.12.28 Sun 
1_20141228181645a8f.jpg

ツリーを片付けると、今年もカウントダウン。
無理は禁物、という周囲の声に甘えて、
年賀状は年内に投函できるかどうか…
大掃除もできる範囲だけ…
体力温存を優先にした年末になりそうです。



大量のティッシュケース!
リバティのキルティングを使った手作りです。
わたしの、ではなく、シャム猫ママのハンドメイド。 

2_20141228181646e99.jpg

わたしの看病が少しずつ楽になってきたころ。
日頃は時間が取れなくて、やりたくてもできないから、と
家事と看病の間に、母は大量の縫物をしていました。
自宅のカーテン、クッション…そして、
自宅教室やカルチャースクールの生徒さんたちへの負担にならない
「ささやかなクリスマスプレゼント」。
気忙しい12月。
毎年、簡単なものしか用意できないので、
時間ができた今年は、少し手間をかけた贈り物を、と、
デザインを決め、材料を調達し、ミシンをかけること数日。
リビングのテーブルの上には、大量のティッシュケースが並んでいました。

3_20141228181648d53.jpg 


主治医から「家の中を気分転換程度になら歩いてOK」の許可をもらい、
写真を撮ってみました。
家の中に大量のティッシュケース…なかなかの光景です 笑

濃いピンク色のパイピングと、ベージュやピンク、パープルのタッセル。
シャム猫ママ オリジナルデザイン。

今年最後のお教室のときに、お弟子さんや生徒さんにプレゼントできたら…という
計画を聞いて、わたしもささやかにお手伝い。
リバティの布を使用したティッシュケースであること、
手づくりであること、がひと目でわかるように、
小さなタグとメッセージカードをデザインしてみました。

4_20141228181649bc2.jpg 

みなさん、すごく喜んでくださったと、母から報告がありました^^
わたしまで嬉しい。

5_201412281816511db.jpg 

手づくりのプチギフトは、
差し上げた側も思い出に残りますね。



平日だった今年のクリスマス。
シャム猫夫が休みだった23日に、それっぽい感じの夕食にしました。
まだ長時間、キッチンには立てないので、
シャム猫夫に手伝ってもらいながらの簡単、チーズフォンデュ。

6_2014122818170638f.jpg 

茹でるだけ、焼くだけ、そして美味しい。
しかも、チーズを溶かすこともシャム猫夫にやってもらいました 笑
買い物は日頃から生協に頼っているのですが、
病気の時、病み上がりのこんな時は、本当に有り難いです。

わたしがやったこと…ケーキをつくりました!
(苺を切ってくれたのもシャム猫夫)
技術がなくていつも見た目がモタモタしてしまいますが、
乳脂肪分の高い純生クリームが、やはりコクがあって好きです。

8_20141228181709e59.jpg 


乾杯用に、少しだけ赤ワイン。

*過去のクリスマスのテーブル*
2013年 → こちら
2012年 → こちら
2010年 → クリスマスパーティ


7_2014122818170710e.jpg 

年末、忙しいですね。
皆さま、お風邪やインフルエンザにお気をつけて、お過ごしくださいね。

では、また☆





2014.01.17 Fri 
1_20140117150704267.jpg

*************
2014年も
atelier Shamchka と 文庫「シャム猫」を
どうぞよろしくお願いします
*************

お屠蘇気分どころか、1月も後半に差し掛かり、
漸く今年最初の記事を更新することができました。
年明け早々、主婦業が何かと忙しくって、実は「手仕事初め」も未だなのです~。。。
今更今更な御節の写真でございます^^
写真が溜まっているので、順次、更新できたらと持っています。
思い出の記録にしばしお付き合いくださいね。
 
毎年更新している恒例の「御節の記事」。
2013年の御節→ 去年は洋食器に盛り付けました。
2012年の御節→ オーソドックスな和のテーブルです。
2011年の御節→ 我が家で宴会で御節の写真なし(!)の記事です(笑)
2010年の御節→  「おすそ分け」の御節です。



あれ、いつもとちょっと違う?
そうなんです、
この年末年始は結婚して初めて、わたしの実家に夫婦で帰省したのでした。
12月の頭からシャム猫ママの持病の喘息が深刻な状態にあり、
しかし、ブログ等でお話しするとご心配をお掛けすることと思い、
家族で出来る限りのサポートをして自宅療養していた師走。
それでもなんとか日常の家事をするまでには快復してきたので、
正月はママを楽させてやろう、と御節を分担して帰省したのでした。
でも結局のところは、
懐かしいママの御節料理を食べさせてもらい、甘えさせてもらうことに^^
独身時代にはいなかったシャム猫夫が加わって、
パパママと4人、有り難く幸せなお正月になりました。

御節は、ママとシャム猫の合作。

2_2014011715070513d.jpg


手前のお重には、
伊達巻、錦玉子、紅白市松蒲鉾、絵馬蒲鉾、海老
そして「ママ作」の龍眼巻き、八幡巻き
牛蒡と人参が菱模様に出る八幡巻きは、取り合いになる旨さ。

向かって右の益子のお皿には、紅玉二色寒
こちらは子供のころから食べている、ママの恒例のお節料理。
縁起よく紅白石畳状に飾ってみました。

奥の丸いお重は甘いもの。
黒豆は「ママ作」。縁起の良い長呂儀を載せて。
栗きんとんは「シャム猫作」。
と言っても、肝心の薩摩芋をこす作業は例年通りシャム猫夫。
あれは意外と骨が折れますからねぇ。
透明感のある赤い羊羹は、夫婦共通の友人から頂いたもの。
尾張徳川家の御用達の和菓子屋美濃忠が年に一種、
総力を注ぎ込んで作る記念の一棹。
「創作のインスピレーションになれば」との嬉しいメッセージ付き。
その他には白隠元のきんとん

奥のお重は、ロースハムとベビーリーフサラダ

3_20140117150707140.jpg 

こちらのお重はオードブル。
穴子鮨、サーモンチーズオードブル
五目湯葉巻きは年末に出かけた箱根旅行のお土産。
山芋の二色茶巾はママ作。
その左横の百合根の柚子きんとんはシャム猫作。
百合根一株から結構手間をかけて、ミニサイズが4個できました^^

奥にあるのは、お煮しめ
ママが作って、わたしがねじり梅を飾りました。
普通の人参と、金時人参のねじり梅
やっぱりママの煮物は最高。

全体的に飾りつけは、南天葉蘭で。
敷地内に群生しているのを取ってきます。

4_20140117150708b45.jpg 

濃い味の合間に嬉しい酢の物は、梅酢蛸酢蛸
ママ作のなますいくらで飾りつけ。

右側には数の子
食前酒はママが漬けた、庭で取れたブラックベリー酒

5_201401171507099bc.jpg 

そしてこちらがメイン!
シャム猫夫手製のローストビーフ赤ワインソース
肉食のママに元気を出してほしくて、1日漬け込み+焼いて+寝かしながら持参したもの。
お陰様でママ、食欲が戻りました。本当によかった。
次回はもっと大きい肉にしなくては。

6_2014011715074792d.jpg 

あと写真に写ってませんが、
にしんの昆布巻鮎の甘露煮のお重と、松前漬け(シャム猫作)。

去年は動物(犬と障害のあるハクビシン)たちとの別れもありました。
今年はこの4匹の猫たち(元野良)と共に。

7_20140117150748fb1.jpg 

お雑煮を食べたり、一人一杯ずつを食べたり、
時々、猫を抱いたりしながら、過ごしました。

パパの仕事の関係で我が家は、
三が日にご挨拶にお越しくださるお客様が多いため、
来客用に御節をもう一セット作ったりして、
食べて、働いて、甘えて、親孝行の正月でした。

そうそう。
地元ということで成田山にも出かけました。
その時の様子は、次回記事にします。

寒さ厳しいですね。
東京がこれほど寒いのだから・・・と、
雪深い地域に住む友人や知人のエリアの天気予報を、毎日、必死で見ています。
皆さま、インフルエンザなど、お気を付けくださいね。
では、また☆









2013.12.30 Mon 
s1_20131230184111acc.jpg

2013年もわずかになりましたね。
今年最後の通常更新です!



2013年はatelier Shamchkaにとって大変実り多い一年でした。
引き続き「neni」l各店さんにてお取り扱いいただき、
たくさんのお客様に「nenil×atelier Shamchka」をお迎え頂きました。
その他に3つのCollectionを発表することができました。
また、「きもの屋・ゆめこもん」さんとのお取引を通じて、
新たに着物アクセサリーを展開させていただくことができました。
そして来年2014年は、
atelier Shamchka5周年のカウントダウンに入ります。
今年はあるギャラリーさんとのご縁を頂き、
来年秋に、東京都内にてatelier Shamchkaの作品展開催が決定いたしました!
個人的にも大好きなアーティストの方々…
ナタリー・レテさんや、ヒグチユウコさんらが毎年個展を開催されるギャラリーです。
今から、楽しみで仕方がありません。
atelier Shamchkaの世界を実際にご覧いただける幸せな5日間。
新年に入り、詳細をご報告したいと思っています。

それもこれも、いつも変わらずお心に留めてくださり、
応援してくださる皆様のお陰です。
今年も本当に有難うございました。
そして、新年も何卒、よろしくお願いいたします。
一層、可愛がっていただけるよう、頑張りたいと思っています。



さて。
今年最後の記事の更新は…恒例の「いえクリスマス」です^^

 s2_2013123018411228a.jpg
 
今年は「苺彗星Collection」の発売前日でしたので、ケーキは作らずに、
朝からチキンを漬けて、食べる1時間前にオーブンに放り込み、
あとは野菜を茹でて、チーズを溶かしただけ…
でもなんとなく特別な夕食らしくなってよかった♪
ドットのテーブルクロスのお陰ですね^^

s3_2013123018411448e.jpg 

あ~ ケーキ食べたかったなぁ。
お正月に食べよう。

s4_201312301841155c0.jpg 

昼間、シャム猫夫がブーケを買ってきてくれました。
生きたお花があるだけで、食卓が華やぎますね。
ささやかに夫婦でプレゼント交換。
シャム猫夫には、最近壊れてしまったコインケースとiPhoneカバーを。

s5_20131230184116bb5.jpg 

実は遠慮なくはっきりと正直に「欲しいもの」をリクエストしていたんですが、
年内には入手できないので、年明けに引き続きおねだりする予定です。。。
(全然大したものではないのですが、その通販がなくて)

s6_20131230184155eb4.jpg 

クリスマス翌日の朝は、「星の外側」のスープです^^

では、次回は新年の更新になります。
みなさま、素晴らしい年越しになりますように。




















2013.03.01 Fri 
 お節2013 (1)
 
今日から3月ですね~
そして、記事は何故かお節・・・
年明け早々に体調を崩して、なんだかんだと
2ヶ月間もこちらのブログをお休みしていました。

今更お節もなぁ…と逡巡したのはほんの30秒。
自分の記録のために、行事の順番通り、「律儀に」且つ「迅速に」←?
つまり。
今日一日で、この2ヶ月分を更新するという強行に出たいと思います!

お節2013 (3)  

結婚以来、夫側の家族揃って迎えていたお正月。
お節料理が大好きで、
わたしの拙いお節も、たくさん褒めて、伸ばしてくれたお義父さんが亡くなり、
今年は夫婦水入らずで迎える2年目の元旦でした。

お節2013 (2) 

今年も一人で準備できる範囲で、
伊達巻、錦卵、蒲鉾 以外は、がんばって手づくりで。
結婚したときに持たせてもらったママのレシピを見ながら作りました。
そして盛り付けは、
毎年お重や和食器に盛り付けますが、今年は気分を変えて、洋皿に。
シャトルシェフの保温鍋で、黒豆が今年も上手にふっくら炊けました。
海老の香味焼きと、ローストビーフ・・・焼き物系はシャム猫夫手製。

お節2013 (4) 

シャム猫夫に裏ごしを手伝ってもらった栗きんとんは、
思い切ってル・クルーゼのココットに。
お節に飽きたときに白いご飯と食べたくなる、
松前漬けは、今年は多めに漬けました。
お煮しめは盛り付けるのが楽しいですね。
ねじり梅のにんじんが、作るもの、出来上がりも好きで、つい作りすぎてしまいます。

お節2013 (5) 

奥に見えている白い固まりは、
牛乳プリンの中に、国産の真っ赤なさくらんぼを入れた
紅白プリン。
ローストビーフはキャスのお皿に。

お節2013 

くわいの煮物…あんまり好きではないんですが、
見た目にいいですよね。
あとは、紅白なますや、数の子などなど。

なんとか元気だったお正月の光景でした^^
みなさんはどんなお正月を過ごしましたか?
・・・今年もあと10ヶ月ですねぇ(笑)

では、この後、バレンタインデーの記事を更新予定です☆

追伸:
たーいへん遅くなりました。
コメントのお返事したためたので、よかったら見てね!






















Calendar
2017.03.
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
profile

Author:シャム猫
ヴィンテージ押し花アクセサリのatelier Shamchkaの、制作日記や、日々のできごと、吉祥寺のお店情報などを綴っています。
シャム猫さん、でも、シャムチカさんでも、お気軽に呼んでくださいね。

main HP
atelier Shamchkaのメインサイトです。イベントのお知らせや、過去のコレクションギャラリーも公開しています。
Online Store
atelier Shamchkaのオンラインストアです。次回コレクションやOPENなど、詳しくはブログの記事にてお知らせします。
Facebook
新作コレクション、お取扱店への納品、イベント情報をタイムリーにお届けします。
iPhone blog
携帯のminiブログです☆毎日更新中
Category
Recent Entries
Comment
コメントについて

いつも本当に

ありがとうございます!

書かれた方にその意図がないとしても、

悪意があるもの、

他の方が不快と感じる表現や言葉、

商業目的のものと判断した場合、

管理者の判断で

削除させていただきます。

Search in this blog
文庫「シャム猫」の本棚
面白い、面白くないにかかわらず、最近、観たDVD、読んだ本です。クリックすると、シャム猫のレビューが見られます。レビュー率 100%☆ ジャンル問わず、一定の速度で増えていきます。
↑ こちらの家のマークをクリックすると、登録してあるすべてのタイトルがご覧になれます。詳しくは【文庫「シャム猫」の本棚】をお読みくださいね。
シャム猫ポスト★
お仕事のご依頼、お問い合わせも、こちらへどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

Link
掲 載 誌
インテリアやアクセサリなどを、掲載していただいています。
LOVE!COLOR インテリア 2014年
グリーンと雑貨を楽しむ心地よい暮らし 2014年
Ray 2014年/3月
素敵なカントリー 2014年/春号
relife+ 2013年/vol.12
縫う*coudre Vol.2 2013年
アイリスオーヤマWebマガジン「マネしたい!素敵なお部屋紹介」2012年
素敵なカントリー 2012年/冬号
グリーンと雑貨を素敵に飾る本
素敵なカントリー 2012年/夏号
COTTON TIME 2012年/3号
素敵なカントリー 2012年/春号
素敵なカントリー 2011年/秋号
relife+ 2011年/vol.7
素敵なカントリー 2011年/夏号
大人で可愛いナチュラル服
2011年/冬号
「わたしの手作り雑貨」を売るための
ポイント80
saita 2010年/10月号
<WEB interview>
「雑貨の仕事塾」内
雑貨のお仕事プリンセス
雑貨カタログ 2010年/早春号
雑貨カタログ 2009年/冬号
雑貨カタログ 2008年/12月号
Monthly archive
いらっしゃいませ♪
現在の閲覧者数:

Copyright © 文庫「シャム猫」 All Rights Reserved.

Material by ふわふわ。り / Designed by Flug

photo by atelier Shamchka

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。