文庫「シャム猫」

--.--.-- -- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.12.23 Tue 
ブログ7

祝日でしたね。
我が家は、休みだったシャム猫夫にいろいろ手伝ってもらい、
夕方からクリスマスケーキを作って、
それらしい夕食を食べました。

皆さまはどんなふうに過ごしましたか?



前回の「リビングのピンクのツリー」に続いて、ダイニングも撮ってみました。
赤い花柄が描かれたカーテンは数年前につくったもの。
10年ほど前に池袋のイルムスで買った卓上のツリー。
それに合わせた赤いインテリア小物たち。
こちらの部屋も、シャム猫ママが飾ってくれました。

 ブログ8
 
それまで掛かっていたルドゥーテのブーケ額は、
毎年、この季節だけ飾る母の押し花作品に。
アンティークのクリスマスカードに真っ赤な薔薇が添えられた、大好きな一枚です。

ブログ9 

リビングのピンクのツリーに続いて、
頂上に鳥がとまっているのが、母らしい。
同じオーナメントを使っても、飾る人の感性で雰囲気が変わるものですね。

ツリーの横には、2匹のベアー。
小さい仔は、20年ほど前に母のロンドン出張のお土産のテディベア。
大きい仔は、10年ほど前にやはり母からのプレゼントのGODIVAベア。

10_2014122323125183e.jpg 

押し花額はクリスマスシーズンだけ飾るモンローレッド(薔薇)。
5年ほど前に母に作ってもらった作品です。
大好きな赤。

ブログ10 

そうそう!
この家に引っ越してきてから、一度も変えなかったカップボード内のルドゥーテの額を、
ついにママの作品に変えてもらいました。
我が家で初の苺ちゃん!

赤地に白いドットの布でフリルをつくり、フレームに剥がせる両面テープで飾っています。
飾るお部屋を変えるとき、
フレームの色に飽きたとき、
この方法なら簡単にイメージを変えられるのでおすすめです。

ブログ11 

「The ママづくし」の空間。
写真を見ながら、物の思い出を振り返るように書いていたら、
なんだかほとんどママ関連だな、と気づいてしまいました…笑

元気づけようと母が飾り付けてくれたクリスマスツリー。
起き上れるようになったわたしが、明後日、片付けます。
淋しいけれど、うれしい。
そんな気持ち。

明日も更新予定です。
では、また☆










スポンサーサイト
2014.12.22 Mon 
ブログ1

約ひと月半寝たきりだったので、
身体動かしたい衝動に…日頃のわたしからは珍しい現象です^^

一人で自由に外出、はまだ止められているので、
家の中の写真を撮ってみることにしました。

具合の悪いさなか、気持ちも身体も沈み込んでいた頃、
作品展会期後に疲れ切っているはずの母が、
張り切ってやってくれたこと。
リビングに布団を敷いて寝ているわたしの周囲を、
クリスマス仕様に徹底的に模様替えしてくれたのでした。
ダイニングもリビングも、以前作ったカーテンを引っ張り出し、付け替えて、
飾ってあった額もクリスマスの押し花作品に変え、
仕上げはクリスマスツリー。

ブログ2 

わたしのクリスマス好きは、ママ譲り。

カラフルで可愛いモノが目に飛び込んできて、
気持ちが上向いてきたついでに、思わず
「今年はピンクのツリーにしてほしい」と布団の中からリクエスト。
これまで何年もかけて買い集めたはいいけれど、いつも赤×ゴールドに落ち着いて
飾ることのなかったピンクのオーナメントたちが
ママの手でツリーに飾られていきました。 

ブログ4 
キャンディをつなげたオーナメントはアメリカからのインポート。
ピンクのハートや像はインド産で刺繍を施したもの。
中でも、今年のメインは2つ。
一つはピンクのお洒落な帽子をかぶったゴージャスキャットで、
こちらは秋のはじめに、友人のひすいちゃんが贈ってくれたもの。
もう一つは、友人のトキコさんの新婚旅行のお土産の、
ロンドン「Harrods」の大きな球体オーナメント。
ピンクのワンピースを着てHarrodsのバッグ片手歩くロンドン女性が描かれています。

ブログ5 

あれ、
いま気が付いたけれど、向かって右側のリボンが乱れてる。
直しておこう ^^

ママが吉祥寺じゅうを歩いて買って来てくれた2色のリボンで、
プレゼントのようなピンクのツリーが完成しました。

ブログ3 

布団の中で目を開けると、飛び込んでくるピンクの空間。
それ以上沈み込まないように、
元気づけてくれた景色でした。



この週末のこと。
ママはパパにお返しして、夫婦だけの土曜日。
朝起きてシャム猫夫が「ドーナツ食べたくない?」と
買いに行ってくれました。
数か月ぶりのミスド!
ビバ、ジャンク!! 笑

ブログ6 

長い間、布団の横に箱を置いて、クロスをかけてもらい、
それをお膳代わりにしていました。
普通に食卓について食事ができるのは、あらためて幸せなことですね。

それではまた☆






2014.07.10 Thu 
1_20140710142825240.jpg
 
先週の土曜日のこと。
夕方、シャム猫夫から「出かけよう」と連れ出され、
向かったのは吉祥寺・gente(ジェンテ)さん。

ああ、そうでした!
あと2日で誕生日でした、わたし。

吉祥寺に引っ越してきてからというもの、
誕生日には決まって贈ってくれる「gente」の並木容子先生のブーケ。
ひとつ歳をとる、と考えると少し焦ってしまうここ数年ですが、
genteのブーケを受け取ると、
一気に気持ちが華やぎ、
ただただ「嬉しいなぁ」ばかりのハレの日になるから不思議。


genteさんのHPはこちら → 
「結婚記念日のブーケ」の記事 こちら → ★

5_20140710142831e8d.jpg 
オーダーの際に、スタッフの方に、奥さまの好きなお花は?と聞かれ、
「紫陽花です」と答えてくれたそう。
シャム猫夫のただそれだけの希望に、
並木先生がアレンジしてくださった、華やかで、優しい紫陽花のブーケ。

今年も先生がお手渡しくださり、笑顔で「よいお誕生日を!」と送り出してくださり、
感激の帰り道でした。

いつも、シャム猫夫がどんなふうにオーダーしてくれて、
そして並木先生がどんな風にイメージしてお作りくださったのか…
背景のエピソードを想像するのが大好きで、
繰り返し繰り返し、シャム猫夫にせがんでは聞かせてもらいます。
シャム猫夫から聞き出せるのは、
電話でこういう風にお願いした、というところまでですが。

4_20140710142829ea5.jpg 

澄んだ優しいブルーの紫陽花。
飾った瞬間、
部屋の中が清々しい空気に包まれたようでした。

気持ちが高揚し、笑顔がこぼれ、楽しい想像が溢れてくる…
お花の力はやっぱりすごい。

3_201407101428274c5.jpg 

こんなに大きなブーケを飾れる花器が家になくて、
鉢の中に瓶を入れて、いけてみました。
どの角度から見ても、かわいい。

2_20140710142826759.jpg 

受け取った翌日の、日曜日に撮った写真です。
これから咲いてくれる蕾がいっぱいで、楽しい予感。

ちょっとお洒落なお菓子でお茶を飲みたかったのに、見事になにもなく 笑
ただおやつに買っておいた素朴なバームクーヘン(黄色い円筒形)を並べてみました。
でも、普段のおやつも、特別なものになりますね。

このあと、食事に出かけました。
食事に出かけたのは約8年ぶりに伺った洋館。
こちらは、また改めて…



そして誕生日当日の7月8日。
友人たちから、「おめでとう」のメッセージとプレゼントが。
忙しい日々の中、当日に届くように準備してくれた、
言葉やプレゼントが、本当にうれしくて、有り難くて。
どの贈り物もわたしのことを想い、好みを知っていて選んでくれた品々。
わー きゃー と、
平日のリビングで、一人興奮状態で開けていました 笑
(つなビィで頂いたプレゼントを公開予定です)

みんな本当にありがとう。
お陰様で今年も幸せな誕生日でした。

この一年も、健康第一に、
嬉しい出来事や頑張ったことを、一つでも増やせていけたらいいな。

では、またー

追記…
この記事への「いいね!」ありがとうございます。
たくさんの、おめでとう、を頂いた気分です (/ _ ; )

2014.03.03 Mon 
1_20140303131920515.jpg

2月22日は結婚記念日でした。

2人とも猫が好きなこと、
覚えやすいこと、
そして何より、入籍日としてタイミングが良かったこと…
そんな理由で結婚記念日になったこの日は、ニャーニャーニャーで「ねこの日」だそう。

当初は、シャレのつもりで、ほんの少々ウケも狙うつもりでいたけれど、
年々、「ねこの日」という言葉をを目にするようになって、
わたしたちどんだけ猫が好きなんだよと、気恥ずかしくなってきました 笑
でもお陰で、2人はもちろん、家族も、そして友人も覚えていてくれて、
「おめでとう」と言ってもらい、
「いつもありがとう。これからも夫婦そろって宜しくお願いします」と感謝する一日に。
覚えやすい…
当初の理由とは少しずつ変わってきたけれど、
やはりこの日を選んでよかったと思います。

 2_2014030313192268a.jpg

今年も、シャム猫夫から吉祥寺「gente(ジェンテ)」の花束をもらいました。

吉祥に住んで以来、シャム猫夫が何かの記念日の度に贈ってくれる、
大好きな並木容子先生のアレンジメント。
まだ目白に住んでいた頃、吉祥寺で行ってみたい憧れのお店でした。
並木先生のご著書『イラクサの小道の向こう』を読み、
初めてお店に伺い、並木先生にお声をかけていただいたときは、
感激しているわたしを見たシャム猫夫がさらに感激していたものです。

genteさんのHPはこちら → 

「gente」さんに関するわたしが書いた記事(のごくごく一部)です。

genteのガレッジセールの鉢 → 
誕生日のパープルのブーケ → 
ベランダにもgenteのお花を → 
誕生日のイエローグリーンのブーケ → 
4年前の結婚記念日ピンクのブーケ → 

5_201403031319262ca.jpg 

店を出るときに、実際に、並木先生に背中を押していただいたことがあります。
夫からブーケを手渡されるときは、お花から、先生から、豊かな気持ちを頂きます。
そして今年の結婚記念日のブーケは、
夫を通じて、先生からお祝いのメッセージも。

特別なことは何もやらなかったけれど、
この鮮やかなブーケひとつで、心が華やぎ、笑顔になり、清々しい気持ちになった、よい記念日でした。
並木先生、本当にありがとうございます。
そしてシャム猫夫、ありがとう。
本 

こちらも愛読書の一冊、並木容子先生著『花の秘密』。
フレンチシャビーなメディスンボトルや、ガーリーなミルクボウル、
C&Sに生けられたお花たち…ページをめくる
たびにその可愛さに溜め息。
香り、色、風土に関する秘密や、巻末には丁寧な花のインデックスも。
花好きの友だちへの贈り物にしたいくらい、素敵な本なのです。

3_20140303131923173.jpg 

そうそう。
あの日は、なんとなく体調がすぐれず外食には行かず。
夕食は、シャム猫夫が豚キムチ、作ってくれました!
めっちゃ、うれしかったー ^^ ねこまっしぐら。

「ねこの日」からいつの間にか3月に。
 早いですねぇ。

4_20140303131924bdf.jpg 

今朝のダイニングテーブルの様子です。
10日以上経っても、まだまだ美しい姿を見せてくれてありがとうね♪


6_20140303131944df8.jpg 
お花が咲き終わった後に、豆がなっていました。
…食べたい。 笑

右下は1月にシャム猫夫からもらった、なんでもない日の、小さなブーケの中のお花。
びっしり硬い芽がかわいかったけれど、やがて立派な根がたくさん生えてきて、
ひと月でお花を咲かせてくれました。

10_20140303142141c7f.jpg 
 
充実した一週間、
素敵な3月になりますように。






2014.02.06 Thu 
ブログ (2)

少し前の写真だけれど。
ピンクの花を買いました。
いつもは「テーブルブーケ」の数百円コーナーか、
八百屋さんの一角で売っている、一抱えもあるお買い得花束コーナーくらいしか
チェックしないのだけど、
ちょっと奮発して一本ずつ選んで買ってきました。

 ブログ (3)
 
かっわいい。
記念写真を撮りましょ。
いつもは壁に飾っているKyonちゃんが編んでくれた、大きな美しいレースを敷いて。

ブログ (4) 

ソファには去年作った「CABBAGES&ROSES」の、ピンクのクッションを利かせて。
「利かせたい色」は、白やこげ茶をベースに、ほんのちょこっと、が好きです。

ブログ (5) 

憧れのピンクのテーブルクロスに初挑戦。
クッションと同じCABBAGES…… っと、嘘つきました 笑
こちらのファブリックは「YUWA」さんのもの。
ユザワヤで見つけたときは本当に驚きました。
確かによーく見ると違うけれど、肝心なピンクのニュアンスは同じだし、麻の入り具合も同じ。
そしてお値段の差は……ああ、計算したくない。

ブログ (6) 

何かとリスキーなテーブルクロスは、お安いものか、ビニールコーティングが一番!

ブログ (7) 

ここ数日の寒さに外出するのも勇気がいりますね・・・

そんな季節こそ、ファブリックで気軽に色遊び、いい気がします♪

FBブログバナー 

↑ 春の新作の制作風景を毎日更新中です☆





Calendar
2017.05.
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
profile

シャム猫

Author:シャム猫
ヴィンテージ押し花アクセサリのatelier Shamchkaの、制作日記や、日々のできごと、吉祥寺のお店情報などを綴っています。
シャム猫さん、でも、シャムチカさんでも、お気軽に呼んでくださいね。

main HP
atelier Shamchkaのメインサイトです。イベントのお知らせや、過去のコレクションギャラリーも公開しています。
Online Store
atelier Shamchkaのオンラインストアです。次回コレクションやOPENなど、詳しくはブログの記事にてお知らせします。
Facebook
新作コレクション、お取扱店への納品、イベント情報をタイムリーにお届けします。
iPhone blog
携帯のminiブログです☆毎日更新中
Category
Recent Entries
Comment
コメントについて

いつも本当に

ありがとうございます!

書かれた方にその意図がないとしても、

悪意があるもの、

他の方が不快と感じる表現や言葉、

商業目的のものと判断した場合、

管理者の判断で

削除させていただきます。

Search in this blog
文庫「シャム猫」の本棚
面白い、面白くないにかかわらず、最近、観たDVD、読んだ本です。クリックすると、シャム猫のレビューが見られます。レビュー率 100%☆ ジャンル問わず、一定の速度で増えていきます。
↑ こちらの家のマークをクリックすると、登録してあるすべてのタイトルがご覧になれます。詳しくは【文庫「シャム猫」の本棚】をお読みくださいね。
シャム猫ポスト★
お仕事のご依頼、お問い合わせも、こちらへどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

Link
掲 載 誌
インテリアやアクセサリなどを、掲載していただいています。
LOVE!COLOR インテリア 2014年
グリーンと雑貨を楽しむ心地よい暮らし 2014年
Ray 2014年/3月
素敵なカントリー 2014年/春号
relife+ 2013年/vol.12
縫う*coudre Vol.2 2013年
アイリスオーヤマWebマガジン「マネしたい!素敵なお部屋紹介」2012年
素敵なカントリー 2012年/冬号
グリーンと雑貨を素敵に飾る本
素敵なカントリー 2012年/夏号
COTTON TIME 2012年/3号
素敵なカントリー 2012年/春号
素敵なカントリー 2011年/秋号
relife+ 2011年/vol.7
素敵なカントリー 2011年/夏号
大人で可愛いナチュラル服
2011年/冬号
「わたしの手作り雑貨」を売るための
ポイント80
saita 2010年/10月号
<WEB interview>
「雑貨の仕事塾」内
雑貨のお仕事プリンセス
雑貨カタログ 2010年/早春号
雑貨カタログ 2009年/冬号
雑貨カタログ 2008年/12月号
Monthly archive
いらっしゃいませ♪
現在の閲覧者数:

Copyright © 文庫「シャム猫」 All Rights Reserved.

Material by ふわふわ。り / Designed by Flug

photo by atelier Shamchka

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。