文庫「シャム猫」

--.--.-- -- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.07.21 Mon 
2_20140716205106176.jpg 

普段は吉祥寺の、それも家の近所にしか出かけない外食も、
「誕生日くらいはちょっと遠出して食事をしよう」と、
シャム猫夫がセッティングしてくれました。
ありがたい。

でもね、どこがいい?とシバリなしに聞かれると
これがなかなか思いつかないものですね。
和食もいいし、ステーキもいいし…とウンウン悩んだ結果、
約8年ぶりにあの洋館に出かけたくなりました。

6_20140716205121a0f.jpg 

新宿河田町にある 小笠原伯爵邸
相変わらず素晴らしい建物。
洋館というより小さな城に近い印象。
こちらはもともと伯爵小笠原長幹の邸宅として昭和2年に建てられた、
当時流行したスパニッシュ様式の洋館です。

その後、一定期間使用用途がなく廃墟化していましたが、
現在は東京都の文化財として修復を繰り返され、
レストランとして息を吹き返しました。

今日の記事はすべてiPhone撮影で、あまり写真がよくないのですが、
でも少しでも洋館の素敵さが伝われば…なんて思ってます。

3_20140716205107216.jpg 

ガーデンにはテントが張られ、
パーティやウェディングを開くこともできます。

4_201407162051099f3.jpg 
レストランとしてオープンしたばかりのころ、ディナーに来て以来の再訪。
建物は相変わらず美しく、
さらにガーデンが整備され、パーティ会場が拡張されていました。

約8年前の写真はこちら → 


当時は通称「鳥屋敷」と呼ばれていたとか。
邸宅内の調度品をはじめ、パンの釜やガーデンインテリアに至るまで、
隅々まで散りばめられた「鳥アイテム」を見つけるのも楽しい。

9_201407162051260c4.jpg 

希望すると食事の前に、スタッフの方が館内を案内してくださいます。
伯爵のかつての寝室や、ダイニング、リビング、サニタリー…
当時からずっと使われ続けているステンドグラスやペンダントライト、
建具やダイニングテーブル。
当時の壁紙の一部も展示され、
本当に丁寧に維持・継承されている様子がわかります。

7_2014071620512351d.jpg

男性専用のシガールーム。
壁の装飾や大理石の柱、大理石で模様が描かれた床までも当時のまま。
現在も食事の合間に、ここで煙草を吸うことができます。
昭和初期という時代、
男性専用のこの部屋で、どんな話題が繰り広げられたのでしょうね。

10_20140716205127146.jpg 

中庭はカフェとして開放されています。
予約時間の2時間前に到着して、ここでお茶を飲み、
館内の見学を楽しみました。
新宿区といっても新宿駅からは離れた場所。
静かで、木々の葉が揺れる音も聞こえるよう。

 1_20140716205105ac7.jpg 
18:00。
ディナーがスタートしました。
たまには前足にフォークとナイフを持つ食事というのも、よいものです。
それから、夫婦で向かい合った食事も。
この一年頑張りたいこと、いま思うこと、励ましてもらったり、勇気をもらったり…
美味しいものを食べながら、そんなことをのんびり話しながら。

いい夜でした。

8_2014071620512409e.jpg 
最後に。
こちらは女性用のお化粧室。
誰もいなかったので撮ってきました。
長居したくなるほど、可愛いです。

記念日や大切な日の食事は、ぜひおすすめの一軒です。

では、また☆








スポンサーサイト
2014.07.10 Thu 
1_20140710142825240.jpg
 
先週の土曜日のこと。
夕方、シャム猫夫から「出かけよう」と連れ出され、
向かったのは吉祥寺・gente(ジェンテ)さん。

ああ、そうでした!
あと2日で誕生日でした、わたし。

吉祥寺に引っ越してきてからというもの、
誕生日には決まって贈ってくれる「gente」の並木容子先生のブーケ。
ひとつ歳をとる、と考えると少し焦ってしまうここ数年ですが、
genteのブーケを受け取ると、
一気に気持ちが華やぎ、
ただただ「嬉しいなぁ」ばかりのハレの日になるから不思議。


genteさんのHPはこちら → 
「結婚記念日のブーケ」の記事 こちら → ★

5_20140710142831e8d.jpg 
オーダーの際に、スタッフの方に、奥さまの好きなお花は?と聞かれ、
「紫陽花です」と答えてくれたそう。
シャム猫夫のただそれだけの希望に、
並木先生がアレンジしてくださった、華やかで、優しい紫陽花のブーケ。

今年も先生がお手渡しくださり、笑顔で「よいお誕生日を!」と送り出してくださり、
感激の帰り道でした。

いつも、シャム猫夫がどんなふうにオーダーしてくれて、
そして並木先生がどんな風にイメージしてお作りくださったのか…
背景のエピソードを想像するのが大好きで、
繰り返し繰り返し、シャム猫夫にせがんでは聞かせてもらいます。
シャム猫夫から聞き出せるのは、
電話でこういう風にお願いした、というところまでですが。

4_20140710142829ea5.jpg 

澄んだ優しいブルーの紫陽花。
飾った瞬間、
部屋の中が清々しい空気に包まれたようでした。

気持ちが高揚し、笑顔がこぼれ、楽しい想像が溢れてくる…
お花の力はやっぱりすごい。

3_201407101428274c5.jpg 

こんなに大きなブーケを飾れる花器が家になくて、
鉢の中に瓶を入れて、いけてみました。
どの角度から見ても、かわいい。

2_20140710142826759.jpg 

受け取った翌日の、日曜日に撮った写真です。
これから咲いてくれる蕾がいっぱいで、楽しい予感。

ちょっとお洒落なお菓子でお茶を飲みたかったのに、見事になにもなく 笑
ただおやつに買っておいた素朴なバームクーヘン(黄色い円筒形)を並べてみました。
でも、普段のおやつも、特別なものになりますね。

このあと、食事に出かけました。
食事に出かけたのは約8年ぶりに伺った洋館。
こちらは、また改めて…



そして誕生日当日の7月8日。
友人たちから、「おめでとう」のメッセージとプレゼントが。
忙しい日々の中、当日に届くように準備してくれた、
言葉やプレゼントが、本当にうれしくて、有り難くて。
どの贈り物もわたしのことを想い、好みを知っていて選んでくれた品々。
わー きゃー と、
平日のリビングで、一人興奮状態で開けていました 笑
(つなビィで頂いたプレゼントを公開予定です)

みんな本当にありがとう。
お陰様で今年も幸せな誕生日でした。

この一年も、健康第一に、
嬉しい出来事や頑張ったことを、一つでも増やせていけたらいいな。

では、またー

追記…
この記事への「いいね!」ありがとうございます。
たくさんの、おめでとう、を頂いた気分です (/ _ ; )

Calendar
2014.07.
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
profile

シャム猫

Author:シャム猫
ヴィンテージ押し花アクセサリのatelier Shamchkaの、制作日記や、日々のできごと、吉祥寺のお店情報などを綴っています。
シャム猫さん、でも、シャムチカさんでも、お気軽に呼んでくださいね。

main HP
atelier Shamchkaのメインサイトです。イベントのお知らせや、過去のコレクションギャラリーも公開しています。
Online Store
atelier Shamchkaのオンラインストアです。次回コレクションやOPENなど、詳しくはブログの記事にてお知らせします。
Facebook
新作コレクション、お取扱店への納品、イベント情報をタイムリーにお届けします。
iPhone blog
携帯のminiブログです☆毎日更新中
Category
Recent Entries
Comment
コメントについて

いつも本当に

ありがとうございます!

書かれた方にその意図がないとしても、

悪意があるもの、

他の方が不快と感じる表現や言葉、

商業目的のものと判断した場合、

管理者の判断で

削除させていただきます。

Search in this blog
文庫「シャム猫」の本棚
面白い、面白くないにかかわらず、最近、観たDVD、読んだ本です。クリックすると、シャム猫のレビューが見られます。レビュー率 100%☆ ジャンル問わず、一定の速度で増えていきます。
↑ こちらの家のマークをクリックすると、登録してあるすべてのタイトルがご覧になれます。詳しくは【文庫「シャム猫」の本棚】をお読みくださいね。
シャム猫ポスト★
お仕事のご依頼、お問い合わせも、こちらへどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

Link
掲 載 誌
インテリアやアクセサリなどを、掲載していただいています。
LOVE!COLOR インテリア 2014年
グリーンと雑貨を楽しむ心地よい暮らし 2014年
Ray 2014年/3月
素敵なカントリー 2014年/春号
relife+ 2013年/vol.12
縫う*coudre Vol.2 2013年
アイリスオーヤマWebマガジン「マネしたい!素敵なお部屋紹介」2012年
素敵なカントリー 2012年/冬号
グリーンと雑貨を素敵に飾る本
素敵なカントリー 2012年/夏号
COTTON TIME 2012年/3号
素敵なカントリー 2012年/春号
素敵なカントリー 2011年/秋号
relife+ 2011年/vol.7
素敵なカントリー 2011年/夏号
大人で可愛いナチュラル服
2011年/冬号
「わたしの手作り雑貨」を売るための
ポイント80
saita 2010年/10月号
<WEB interview>
「雑貨の仕事塾」内
雑貨のお仕事プリンセス
雑貨カタログ 2010年/早春号
雑貨カタログ 2009年/冬号
雑貨カタログ 2008年/12月号
Monthly archive
いらっしゃいませ♪
現在の閲覧者数:

Copyright © 文庫「シャム猫」 All Rights Reserved.

Material by ふわふわ。り / Designed by Flug

photo by atelier Shamchka

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。