文庫「シャム猫」

--.--.-- -- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.10.31 Fri 

21_201410312042539b1.jpg

作品展は11月4日(火)~9日(日)。
この週末を終えるといよいよ搬入作業にかかります。
現在、狭い家の中は段ボールだらけ!
作業が終わるかドキマギしつつ、楽しみな準備時間満喫中です。

今日は昨日の「額」に引き続き、
押し花絵画作品のご鑑賞のポイントをご紹介します。


ご鑑賞のPOINT 2 * 標本の面白さ

こちらはDMに使用している「ビオラの標本」。
今回、全部で3点の標本作品を出展します。
「ビオラの標本」のほかに「可憐な花たちの標本」、
そして「ユキノシタ科、キンポウゲ科、キク科、バラ科の標本」。

ブログ4

実はまだこの「ビオラの標本」しかきちんと撮っていないのですが、
どの標本にも、ラテン語の学名を明記した「標本ラベル」が入っています。
観察する面白さ。
植物の芸術的な美しさ。
標本はわたしたちに、
いろいろな角度からの「楽しみ」を教えてくれますね。

ぜひ会場で、「押し葉標本」の面白さを感じていただけたら嬉しいです。


ご鑑賞のPOINT 3 * ボタニカルアートの面白さ

「ボタニカル」作品づくりはまるで長距離走です。

実際に自分の手によって、
育て、咲かせ、実らせる過程で、母は観察し続けてます。
やがて段階を追って採取。

 ブログ1
 
そうやって一つの種類の花を、数か月から、
長いものでは数年かけて 観察 & 採取し、
押し花にすることで、一枚の作品を仕上げています。

ブログ2 

薔薇などの大輪の花は、花びら一枚一枚を…
藤やライラックなどの小さな花は、一つ一つを…
まずは表情を持たせて押し花にします。
そして再現するように組み立てて、
キャンバスの上に再び咲かせるのです。

ブログ3

どの花も手を加えることなく、自然のままの色で封じ込められています。

  ブログ9

植物たちの生命の輝きを、ぜひ感じてみてくださいね。


 ご鑑賞のPOINT 4  *
アンティークポストカードと花のコラボレーション作品


母・江森恵美子の人気シリーズである、
フランスやイギリスのアンティークカードを使用した、
夢のあるコラージュ作品も多数出展します!

母が撮影したスマホ画像なので、色も悪く、額も左右が切れてしまっているのですが、
可愛い作品たちを少しだけご紹介します。

ポストカードシリーズ 

約100年もの時と海を越え、
手元に集まった「誰かの大切なメッセージ」。
この世でたった一枚の紙片に敬意を表して、
遥か昔に描かれた花と、
現代に咲く本物の花の、
コラボレーション作品に仕上げられています。

愛らしい少女や天使、テディベアなど、人気の絵柄満載です。
本物はたいへん鮮やかな作品たちです。


 ご鑑賞のPOINT 5  *「山梨県知事賞」受賞作品

昨年、「国民文化祭・やまなし2013」の一環として開催された
文化庁主催「山梨ハンドクラフト展」にて
「山梨県知事賞」を頂きました作品を、受賞会場以来、初お披露目いたします!
 
授賞式の記事はこちらです → 

高さ約80センチもある大作です。
どうぞお楽しみに。

22_20141031204254c08.jpg 

さて明日は、
「乙女植物図鑑」ご鑑賞のポイント*アクセサリー編 をお届けします!

また遊びに来てくださいね☆

************************

2011年11月4日(火)~9日(日)

~ 乙 女 植 物 図 鑑 ~

押し花作家・江森恵美子と、
押し花樹脂アクセサリー・atelier Shamchkaの
「母娘の2人展」

場所:ギャラリー・ドゥ・ディマンシュ
http://www.2dimanche.com/
tel 03-3408-5120


*************************










スポンサーサイト
2014.10.30 Thu 
11_201410301033062bc.jpg

宮廷画家・ル・ドゥーテの世界を本物の植物で再現したような、
この度の「ボタニック・ガーデン」シリーズ。

真っ白なギャラリーの壁に、ぎっしりと、洋書のインテリアのように、
ディスプレイする予定です。
花の色、花や葉の形、植物の芸術的な美しさを、ぜひお楽しみいただけたら嬉しいです。

このような「ボタニカルアート作品」をこれほどの規模で製作したのは、
母にとって初めての挑戦となりました。

今日は、「乙女植物図鑑」にお運びいただく前に、
ご鑑賞のポイントを、製作背景を交えてご紹介いたします!
 1_201410301032270f7.jpg
はじまりは、一昨年。
どの花の額を作るか、作ることができるか、イメージを膨らませたのちに、
植物を育て、押し花の製作に入りました。

そして昨年の初夏。
母・江森恵美子の押し花をもっとも美しく封じ込めるための、
オリジナルの額のデザインが始まりました。
写真の中の赤い縁取りの紙が、実寸の額の大きさ。
大きさ、幅、厚みを数ミリ単位で調整し、デザイン画を起こします。
そして信頼できる建具職人さんに、製作のご依頼をしました。

2_20141030103228398.jpg 

今年の春。
サンプルのチェックと、微調整を経て、
建具職人さんが一点一点手作りしてくれた、額が届きました。
木のいい香りが部屋中に広がります。
完璧に木目をそろえてくださった美しい出来栄え。
塗ってしまうのをためらうほど。

3_20141030103230209.jpg 

塗装作業は、わたしの担当。
一点一点マスキングテープで養生を施し、ペンキをイメージの色に調色します。
今回使用したペンキは、バターミルクペイントや、オルネドフォイユさんのオリジナルペイント。
仕上がり後にも匂いはなく、安全な素材で作られているものを選びました。

さて、どんな色にしよう。
頭の中にはあるものの、大量に色を作るとなるとなかなか勇気がいるものですね。

4_20141030103231bcc.jpg 
ひと月かかって、3度塗りが終了。

上品で温かみのある 「Warm Gray」。
花の色を鮮やかにみせる 「White」。
可愛らしさと清潔感ある 「Mint Green」。

5_20141030103233d57.jpg 

お隣同士に飾っても、離れたフロアーに飾っても、統一感が出る、
この3色にしました。

6_20141030103300ecc.jpg 

せっかくの美しい木の風合いを楽しんでいただきたくて、
額裏はマスキングテープで養生し、素材の木をそのまま残しています。
職人さんの素晴らしい仕事もご覧ください。

7_201410301033011e4.jpg 

次に…
書体をいくつも比較して、デザインをしたものは…
※こちらの作品は今回の「ボタニックガーデン」シリーズではありません。

8_20141030103303d49.jpg 

署名スタンプの製作でした。
この度の作品展限定の署名にしたくて。
Emiko Emori だけでなく シリーズ名、ギャラリーの名前、作品展の年など明記してあります。

9_20141030103304dcd.jpg 

この工程も わたしの担当。
特注のマットに、一点一点、手で押しています。

12_20141030113400444.jpg 

このようにして生み出された「ボタニック・ガーデン」シリーズ。
ぜひ押し花を活かしてくれる、「額」にもご注目くださいませ♪
額だけでも価値があることと思います。



明日は 「乙女植物図鑑」ご鑑賞のポイント*押し花額編2 を更新します!

また遊びに来てくださいね☆






2014.10.23 Thu 


ブログDM

作品展まで、いよいよ2週間を切りました。
アクセサリーはもちろん、パッケージや作品解説など、
毎日、着々と準備を進めています。
先週のそう今頃の心境は、「やばいなぁ…」
そして、今ブログを書いている心境は、「残りの時間でやれることをやるのみ!」
「悟り」を開くまでは、あとわずかな心地ですよ 笑

************************

2011年11月4日(火)~9日(日)

~ 乙 女 植 物 図 鑑 ~

押し花作家・江森恵美子と、
押し花樹脂アクセサリー・atelier Shamchkaの
「母娘の2人展」

場所:ギャラリー・ドゥ・ディマンシュ
http://www.2dimanche.com/
tel 03-3408-5120


*************************

今日はこの度の作品展の「核」となる「3つの作品群」について、
ご紹介します。

 ブログ8

母・江森恵美子の押し花絵画
~ Botanic Garden シリーズ ~

押し花作家・江森恵美子のテーマは「ボタニック・ガーデン」。
色づきはじめたばかりの芽、
風に翻る葉、
太陽を仰ぐ花の横顔、
大地をつかみ命みなぎる根…
自らのガーデンで育る過程で、
植物の生命の輝きを段階を追って切り取り、
押し花にし、ボタニカルアート作品に仕上げました。

ブログ7 

まるで洋書の中のインテリアのような、
押し花額いっぱいの作品展です。

まさに洋書の世界のように何枚も飾っていただいてもいいように、
また、わずかな壁にも飾っていただけるよう、
約20センチの小さな作品から揃っています。
50点以上の作品を一挙にご覧いただけますよ♪

お買い求めくださった場合は、会期後のお引渡し(配送)になりますので、
最終日でもすべての作品をご覧いただくことができます。

Shamchka.jpg 

娘・押し花樹脂アクセサリー・atelier Shamchka

すべて母・江森恵美子の押し花を使用しています。
薔薇や紫陽花などの花のほか、
オレンジや苺、サクランボなど
本物のフルーツを樹脂に閉じ込めた作品もたくさん!

今回は、アクセサリーだけでなく、小物アイテムにも力を入れました。
これまでリクエストを頂きながらなかなか製作する機会がなかった、
押し花のヘアゴムや、
iPhone カバー(5、5S対応)など、
いつもとは一味違う「atelier Shamchka」もご覧いただけると思います。

出品作品は120点以上。
最終日にお越しいただいても十分、お楽しみいただけるように、
約1年かかって作り貯めた作品たちです。

amirin.jpg 

友人ゲストアーティスト★
あみぐるみ作家 *amirinRin* du nez du coeur × atelier Shamchka の
限定コラボレーションが叶いました!!

ファン垂涎、amirin 初の東京上陸です!!
テーマは「amirinたちのガーデンパーティ」。
12仔のあみぐるみたちが、押し花のアクセサリーを身に着けて集合します。
手刺繍のハートのお鼻、
ひと編みひと編み生み出される身体、
アンティークファブリックを使用したドレス。
心をこめて生み出された、あみぐるみの愛らしさをお楽しみください。
amirinの実物をご覧になりたい方は、大変貴重な機会ですね。

amirinたちが身につけている押し花のチャームは、
すべてペンダントトップとしてご活用いただけます。
もちろん「人間用ペンダントチェーン」もお付けしていますよ!

カラフルで、ロマンティックな押し花の祭典にぜひお越しくださいませ。



次回からは、「乙女植物図鑑をご覧いただくポイント」をご紹介します。
製作の裏側のエピソードや、作品へのこだわり、これまでにない新しいチャレンジなど…
会場で実物をご覧いただいたときに、更に面白く感じていただけるかもしれません^^

それでは、また☆











Calendar
2014.10.
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
profile

シャム猫

Author:シャム猫
ヴィンテージ押し花アクセサリのatelier Shamchkaの、制作日記や、日々のできごと、吉祥寺のお店情報などを綴っています。
シャム猫さん、でも、シャムチカさんでも、お気軽に呼んでくださいね。

main HP
atelier Shamchkaのメインサイトです。イベントのお知らせや、過去のコレクションギャラリーも公開しています。
Online Store
atelier Shamchkaのオンラインストアです。次回コレクションやOPENなど、詳しくはブログの記事にてお知らせします。
Facebook
新作コレクション、お取扱店への納品、イベント情報をタイムリーにお届けします。
iPhone blog
携帯のminiブログです☆毎日更新中
Category
Recent Entries
Comment
コメントについて

いつも本当に

ありがとうございます!

書かれた方にその意図がないとしても、

悪意があるもの、

他の方が不快と感じる表現や言葉、

商業目的のものと判断した場合、

管理者の判断で

削除させていただきます。

Search in this blog
文庫「シャム猫」の本棚
面白い、面白くないにかかわらず、最近、観たDVD、読んだ本です。クリックすると、シャム猫のレビューが見られます。レビュー率 100%☆ ジャンル問わず、一定の速度で増えていきます。
↑ こちらの家のマークをクリックすると、登録してあるすべてのタイトルがご覧になれます。詳しくは【文庫「シャム猫」の本棚】をお読みくださいね。
シャム猫ポスト★
お仕事のご依頼、お問い合わせも、こちらへどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

Link
掲 載 誌
インテリアやアクセサリなどを、掲載していただいています。
LOVE!COLOR インテリア 2014年
グリーンと雑貨を楽しむ心地よい暮らし 2014年
Ray 2014年/3月
素敵なカントリー 2014年/春号
relife+ 2013年/vol.12
縫う*coudre Vol.2 2013年
アイリスオーヤマWebマガジン「マネしたい!素敵なお部屋紹介」2012年
素敵なカントリー 2012年/冬号
グリーンと雑貨を素敵に飾る本
素敵なカントリー 2012年/夏号
COTTON TIME 2012年/3号
素敵なカントリー 2012年/春号
素敵なカントリー 2011年/秋号
relife+ 2011年/vol.7
素敵なカントリー 2011年/夏号
大人で可愛いナチュラル服
2011年/冬号
「わたしの手作り雑貨」を売るための
ポイント80
saita 2010年/10月号
<WEB interview>
「雑貨の仕事塾」内
雑貨のお仕事プリンセス
雑貨カタログ 2010年/早春号
雑貨カタログ 2009年/冬号
雑貨カタログ 2008年/12月号
Monthly archive
いらっしゃいませ♪
現在の閲覧者数:

Copyright © 文庫「シャム猫」 All Rights Reserved.

Material by ふわふわ。り / Designed by Flug

photo by atelier Shamchka

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。