文庫「シャム猫」

--.--.-- -- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.12.30 Tue 
5_20141221200505481.jpg

作品展には、本当にたくさんのお客様と友人たちに
お越しいただきました。

毎日、母が帰宅後の報告会は約1時間にもなりました。
その報告の中で、
すごく美しい方が「シャム猫さんのお母さまですか?」って
お声をかけてくださったのよ、と。
それはもう何年も親しくしていただいているのに、直接お会いしたことはなく、
ようやくこの機会にお会いできると、作品展開催数日前まで打ち合わせをしていた方。
アクセサリー作家*Ecru*の綾さんでした。

素敵な会話の報告、そして贈り物を母から受け取りながら、
嬉しくて有り難くて、やっぱりお会いしたかった。

そんな綾さんが下さった贈り物…この可愛さったら!!
このブログの年末に相応しい 
ねこねこねこ…ねこ尽くしの記事になりそう(三^・^三)

 2_20141221200501345.jpg

ぬぉぉぉーーっと意味不明な叫びと共に、
開けた蓋を手に、しばし固まっておりました。

一つ一つ異なる味のマカロンにアイシングで描かれた、
すべて異なる猫たち。
アメショー、茶トラ、黒トラ、黒猫、ミケ、そして シャム猫!

1_20141221200500bff.jpg 

「ble nature」さんのSHOPカードが添えられていました。

作品展初日と言う「ハレの日」のために、ずっと前からご準備くださった猫づくしの贈り物。
感激で涙が出てきました。

4_20141221200504498.jpg 

一つずつ袋詰めされ、
りんご、フランボワーズ、オレンジ、ココナッツ、
いちご、コーヒー、抹茶、カシス、チョコレート…
フレイバーが丁寧に記されて。

どうしても、写真に残しておきたくて、母に頼んでセッティングしてもらいました。
具合が悪かったころの写真なのがたいへん悔やまれます…
でも、ほんの数枚だったけれど撮っておいて本当によかった~涙

3_201412212005027b2.jpg 

味も大変美味しいマカロン。
家族4人で有り難く頂きました。
口に入れるのがすごくすごく勿体無かったけれど。

ここからはつい最近撮った写真です。
綾さんから頂いたのは、これだけではなく…

綾さん1 

綾さんのブランド「Ecru」の作品も。
キンと凍てつく冬の夜空のような、ブルーの石。
シャム猫ママと2人分。

綾さん2 

繊細で、上品で、そして凛とした綾さんの作品。
いつも身に付けていると、アクセサリーから力を分けてもらえる気がします。
美しくて、複雑な輝きのブルーに目が奪われます。

b_201412301929359d8.jpg 

こちらはクリスマスの贈り物!
3本の指先に乗るほどの小さな小さな革のがま口には、「Ecru」の刻印。
中からは、こちらは冬空に浮かぶ星の光…
あるいは、陽に輝く雪解けの雫のような、淡い紫の石のイヤリング。

a_2014123019293492b.jpg 

早くお洒落をして、これをつけて出かけたいものです♪

優しい文章と、美しい作品満載の綾さのブログはこちら → Ecru et moi

綾さん、あたたかなお気持ち、優しさ、いつも本当にありがとうございます。
綾さんが送り出してくださった猫ちゃんたちから、たくさんの元気を頂きました。
そして、全快したら、綾さんのアクセサリーから今度は
可愛さとパワーを分けていただきますね!



2014年のブログ更新は、最後になりそうです。
この一年も、atelier Shamchka と 文庫「シャム猫」 を本当にありがとうございました。
新しい年も、どうか可愛がっていただけたら幸せです。
皆さま、素晴らしい年越しをお迎えくださいね。

では次回は、新年にお会いしましょう。







スポンサーサイト
2014.12.28 Sun 
1_20141228181645a8f.jpg

ツリーを片付けると、今年もカウントダウン。
無理は禁物、という周囲の声に甘えて、
年賀状は年内に投函できるかどうか…
大掃除もできる範囲だけ…
体力温存を優先にした年末になりそうです。



大量のティッシュケース!
リバティのキルティングを使った手作りです。
わたしの、ではなく、シャム猫ママのハンドメイド。 

2_20141228181646e99.jpg

わたしの看病が少しずつ楽になってきたころ。
日頃は時間が取れなくて、やりたくてもできないから、と
家事と看病の間に、母は大量の縫物をしていました。
自宅のカーテン、クッション…そして、
自宅教室やカルチャースクールの生徒さんたちへの負担にならない
「ささやかなクリスマスプレゼント」。
気忙しい12月。
毎年、簡単なものしか用意できないので、
時間ができた今年は、少し手間をかけた贈り物を、と、
デザインを決め、材料を調達し、ミシンをかけること数日。
リビングのテーブルの上には、大量のティッシュケースが並んでいました。

3_20141228181648d53.jpg 


主治医から「家の中を気分転換程度になら歩いてOK」の許可をもらい、
写真を撮ってみました。
家の中に大量のティッシュケース…なかなかの光景です 笑

濃いピンク色のパイピングと、ベージュやピンク、パープルのタッセル。
シャム猫ママ オリジナルデザイン。

今年最後のお教室のときに、お弟子さんや生徒さんにプレゼントできたら…という
計画を聞いて、わたしもささやかにお手伝い。
リバティの布を使用したティッシュケースであること、
手づくりであること、がひと目でわかるように、
小さなタグとメッセージカードをデザインしてみました。

4_20141228181649bc2.jpg 

みなさん、すごく喜んでくださったと、母から報告がありました^^
わたしまで嬉しい。

5_201412281816511db.jpg 

手づくりのプチギフトは、
差し上げた側も思い出に残りますね。



平日だった今年のクリスマス。
シャム猫夫が休みだった23日に、それっぽい感じの夕食にしました。
まだ長時間、キッチンには立てないので、
シャム猫夫に手伝ってもらいながらの簡単、チーズフォンデュ。

6_2014122818170638f.jpg 

茹でるだけ、焼くだけ、そして美味しい。
しかも、チーズを溶かすこともシャム猫夫にやってもらいました 笑
買い物は日頃から生協に頼っているのですが、
病気の時、病み上がりのこんな時は、本当に有り難いです。

わたしがやったこと…ケーキをつくりました!
(苺を切ってくれたのもシャム猫夫)
技術がなくていつも見た目がモタモタしてしまいますが、
乳脂肪分の高い純生クリームが、やはりコクがあって好きです。

8_20141228181709e59.jpg 


乾杯用に、少しだけ赤ワイン。

*過去のクリスマスのテーブル*
2013年 → こちら
2012年 → こちら
2010年 → クリスマスパーティ


7_2014122818170710e.jpg 

年末、忙しいですね。
皆さま、お風邪やインフルエンザにお気をつけて、お過ごしくださいね。

では、また☆





2014.12.24 Wed 
a_20141224201435d05.jpg

リハビリでクッションを2個作りました。

ソファに座って一日約1時間ずつの作業。
新しく布も買いに行けないので、家にあるデッドストックを使って…
すると必然的に、つぎはぎに。

奥の正方形のクッションは、Clarke and Clarke の3種をメインに、
隙間を LAURA ASHLEY で埋めてみました。
フリンジがちょっとずつしかなく、違う素材でぐるり。
なかなか愛嬌のあるデザインになりました。

b_201412242014370db.jpg 

手前の長方形のクッションは、
「やれることが少ないこんな時」しかできないだろうと、
面倒なパッチワークキルトに挑戦しました。


f_20141224201500002.jpg

LIBERTY ばかりをヘキサゴンのパッチワークに。
シャム猫ママが隣で見ていて、
ずい分、面倒なことを始めたねぇ、一日一時間までだよ、との監視&応援付き。
ひたすらチクチク…
身体に負担が少なく、気分転換になりますね。

c_20141224201437776.jpg

綿を挟みキルティングまですると、模様が浮かび上がってきて、
かなりの存在感が出ました。
ピンクのLIBERTYのパッチワークキルトクッション。
製作日数約7日間のちょっとした達成感。

ピンクのツリーと合わせて置くこの光景も、あと一日ですね。

d_20141224201439173.jpg

ここにもピンクの可愛いモノ。
作品展に来てくれた友人のさっちゃんからの贈り物の、
「銀座あけぼの」の和三盆糖。
美味しくて、箱も可愛くて、毎日楽しみに頂いてます。
食べ終わったら、帯留めでも入れようかな。



母が帰ってしまって、バナナの管理が行き届かず、
カウンターの上に真っ黒な物体が4本。

g.jpg 

数か月ぶりにマフィンを焼いてみました。

e_20141224201459e67.jpg 
Cath のクリスマスマグは、毎年11月の終わりごろから使い始めます。
そして、シーズンが終わったら、またカップボードの奥へ。

h.jpg 

ところが…
ここ数日、少し動きすぎたせいか、
クリスマスイブの今日は、朝からダウン。
焦らず、大事に、ですね。

あと一日ですが、
素敵なクリスマスを☆

では、また!
 




2014.12.23 Tue 
ブログ7

祝日でしたね。
我が家は、休みだったシャム猫夫にいろいろ手伝ってもらい、
夕方からクリスマスケーキを作って、
それらしい夕食を食べました。

皆さまはどんなふうに過ごしましたか?



前回の「リビングのピンクのツリー」に続いて、ダイニングも撮ってみました。
赤い花柄が描かれたカーテンは数年前につくったもの。
10年ほど前に池袋のイルムスで買った卓上のツリー。
それに合わせた赤いインテリア小物たち。
こちらの部屋も、シャム猫ママが飾ってくれました。

 ブログ8
 
それまで掛かっていたルドゥーテのブーケ額は、
毎年、この季節だけ飾る母の押し花作品に。
アンティークのクリスマスカードに真っ赤な薔薇が添えられた、大好きな一枚です。

ブログ9 

リビングのピンクのツリーに続いて、
頂上に鳥がとまっているのが、母らしい。
同じオーナメントを使っても、飾る人の感性で雰囲気が変わるものですね。

ツリーの横には、2匹のベアー。
小さい仔は、20年ほど前に母のロンドン出張のお土産のテディベア。
大きい仔は、10年ほど前にやはり母からのプレゼントのGODIVAベア。

10_2014122323125183e.jpg 

押し花額はクリスマスシーズンだけ飾るモンローレッド(薔薇)。
5年ほど前に母に作ってもらった作品です。
大好きな赤。

ブログ10 

そうそう!
この家に引っ越してきてから、一度も変えなかったカップボード内のルドゥーテの額を、
ついにママの作品に変えてもらいました。
我が家で初の苺ちゃん!

赤地に白いドットの布でフリルをつくり、フレームに剥がせる両面テープで飾っています。
飾るお部屋を変えるとき、
フレームの色に飽きたとき、
この方法なら簡単にイメージを変えられるのでおすすめです。

ブログ11 

「The ママづくし」の空間。
写真を見ながら、物の思い出を振り返るように書いていたら、
なんだかほとんどママ関連だな、と気づいてしまいました…笑

元気づけようと母が飾り付けてくれたクリスマスツリー。
起き上れるようになったわたしが、明後日、片付けます。
淋しいけれど、うれしい。
そんな気持ち。

明日も更新予定です。
では、また☆










2014.12.22 Mon 
ブログ1

約ひと月半寝たきりだったので、
身体動かしたい衝動に…日頃のわたしからは珍しい現象です^^

一人で自由に外出、はまだ止められているので、
家の中の写真を撮ってみることにしました。

具合の悪いさなか、気持ちも身体も沈み込んでいた頃、
作品展会期後に疲れ切っているはずの母が、
張り切ってやってくれたこと。
リビングに布団を敷いて寝ているわたしの周囲を、
クリスマス仕様に徹底的に模様替えしてくれたのでした。
ダイニングもリビングも、以前作ったカーテンを引っ張り出し、付け替えて、
飾ってあった額もクリスマスの押し花作品に変え、
仕上げはクリスマスツリー。

ブログ2 

わたしのクリスマス好きは、ママ譲り。

カラフルで可愛いモノが目に飛び込んできて、
気持ちが上向いてきたついでに、思わず
「今年はピンクのツリーにしてほしい」と布団の中からリクエスト。
これまで何年もかけて買い集めたはいいけれど、いつも赤×ゴールドに落ち着いて
飾ることのなかったピンクのオーナメントたちが
ママの手でツリーに飾られていきました。 

ブログ4 
キャンディをつなげたオーナメントはアメリカからのインポート。
ピンクのハートや像はインド産で刺繍を施したもの。
中でも、今年のメインは2つ。
一つはピンクのお洒落な帽子をかぶったゴージャスキャットで、
こちらは秋のはじめに、友人のひすいちゃんが贈ってくれたもの。
もう一つは、友人のトキコさんの新婚旅行のお土産の、
ロンドン「Harrods」の大きな球体オーナメント。
ピンクのワンピースを着てHarrodsのバッグ片手歩くロンドン女性が描かれています。

ブログ5 

あれ、
いま気が付いたけれど、向かって右側のリボンが乱れてる。
直しておこう ^^

ママが吉祥寺じゅうを歩いて買って来てくれた2色のリボンで、
プレゼントのようなピンクのツリーが完成しました。

ブログ3 

布団の中で目を開けると、飛び込んでくるピンクの空間。
それ以上沈み込まないように、
元気づけてくれた景色でした。



この週末のこと。
ママはパパにお返しして、夫婦だけの土曜日。
朝起きてシャム猫夫が「ドーナツ食べたくない?」と
買いに行ってくれました。
数か月ぶりのミスド!
ビバ、ジャンク!! 笑

ブログ6 

長い間、布団の横に箱を置いて、クロスをかけてもらい、
それをお膳代わりにしていました。
普通に食卓について食事ができるのは、あらためて幸せなことですね。

それではまた☆






Calendar
2014.12.
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
profile

シャム猫

Author:シャム猫
ヴィンテージ押し花アクセサリのatelier Shamchkaの、制作日記や、日々のできごと、吉祥寺のお店情報などを綴っています。
シャム猫さん、でも、シャムチカさんでも、お気軽に呼んでくださいね。

main HP
atelier Shamchkaのメインサイトです。イベントのお知らせや、過去のコレクションギャラリーも公開しています。
Online Store
atelier Shamchkaのオンラインストアです。次回コレクションやOPENなど、詳しくはブログの記事にてお知らせします。
Facebook
新作コレクション、お取扱店への納品、イベント情報をタイムリーにお届けします。
iPhone blog
携帯のminiブログです☆毎日更新中
Category
Recent Entries
Comment
コメントについて

いつも本当に

ありがとうございます!

書かれた方にその意図がないとしても、

悪意があるもの、

他の方が不快と感じる表現や言葉、

商業目的のものと判断した場合、

管理者の判断で

削除させていただきます。

Search in this blog
文庫「シャム猫」の本棚
面白い、面白くないにかかわらず、最近、観たDVD、読んだ本です。クリックすると、シャム猫のレビューが見られます。レビュー率 100%☆ ジャンル問わず、一定の速度で増えていきます。
↑ こちらの家のマークをクリックすると、登録してあるすべてのタイトルがご覧になれます。詳しくは【文庫「シャム猫」の本棚】をお読みくださいね。
シャム猫ポスト★
お仕事のご依頼、お問い合わせも、こちらへどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

Link
掲 載 誌
インテリアやアクセサリなどを、掲載していただいています。
LOVE!COLOR インテリア 2014年
グリーンと雑貨を楽しむ心地よい暮らし 2014年
Ray 2014年/3月
素敵なカントリー 2014年/春号
relife+ 2013年/vol.12
縫う*coudre Vol.2 2013年
アイリスオーヤマWebマガジン「マネしたい!素敵なお部屋紹介」2012年
素敵なカントリー 2012年/冬号
グリーンと雑貨を素敵に飾る本
素敵なカントリー 2012年/夏号
COTTON TIME 2012年/3号
素敵なカントリー 2012年/春号
素敵なカントリー 2011年/秋号
relife+ 2011年/vol.7
素敵なカントリー 2011年/夏号
大人で可愛いナチュラル服
2011年/冬号
「わたしの手作り雑貨」を売るための
ポイント80
saita 2010年/10月号
<WEB interview>
「雑貨の仕事塾」内
雑貨のお仕事プリンセス
雑貨カタログ 2010年/早春号
雑貨カタログ 2009年/冬号
雑貨カタログ 2008年/12月号
Monthly archive
いらっしゃいませ♪
現在の閲覧者数:

Copyright © 文庫「シャム猫」 All Rights Reserved.

Material by ふわふわ。り / Designed by Flug

photo by atelier Shamchka

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。