FC2ブログ

文庫「シャム猫」

--.--.-- -- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.12.04 Wed 
昇仙峡TOP

旅日記の3日目。
まさか母娘で山に登るとは!

 昇仙峡
 
・・・と言っても、実はブロロロローッと車で行っちゃったんですけどね~はははっ
それにはこんな理由がありまして。
当初、山の中腹まで車で行って約1時間のハイキングコースを
頂上まで登ろうと計画していたのですが、
富士屋ホテルさんにお願いして来ていただいたタクシーの運転手さんに
その旨を伝えると、ひと目私たちを見て、
「無理無理無理無理。頂上まで連れて行ってやるからね~それから下るんだよ~」と。
えええ・・・と戸惑っているうちにタクシーは山へ。
なんで~?ちゃんと二人とも登山の服装だし、やる気もあるし!
でも、一日の結論としては、この運転手さんの指示に従って大正解だったのでした。
だって、ハイキングコースって書いてあったけど、これは確かに、
喘息軟弱母娘には無理無理無理無理・・・
たとえ1時間のコースでも、東京に戻る気力体力は確実になくしていたことでしょうねぇ。

昇仙峡2 

そんなわけで、頂上まで送ってもらい、お迎えに来てもらう約束をして、
優雅に「影絵の森美術館」を鑑賞。
こちらギネスブックにも載っている世界一の影絵美術館です。
山の頂上、済んだ空気の中で観る藤城清治さんの美しくダイナミックな原画や、
竹久夢二氏の鮮やかな抒情画は、なんとも幻想的。
ミュージアムショップやカフェも充実していて、時間を忘れてしまいます。
美術館を出て、さぁいよいよ本番。
「登り」は無理でも、ゆっくり時間をかけて、中腹まで「下山」してゆきます。

昇仙峡3 
仙娥滝(せんがたき)。
落差30メートルの滝風が登山の・・・いえ、下山の疲れを癒してくれます。
水がとっても澄んでいて、岩の間に泳ぐイワナやヤマメの尾ひれの動きまで
しっかりと見ることができます。

昇仙峡4 

登りと下りの人や動物たちとの交流も楽しくて。
ゆっくり下りながら、シャム猫ママは可愛い落ち葉をたくさん拾っていました。

昇仙峡5 
赤、青、黄、オレンジ、茶・・・
色と匂いと音が溢れていますね。

昇仙峡6 

「夢の松島」付近のお蕎麦屋さんで。
地域猫ならぬ山猫たち。
お店の方や、観光客に可愛がられて、ふくふくしてます。
一番上が「はっぱちゃん」、2番目が「くろちゃん」。

昇仙峡7 

藤城清治さんの作品を髣髴とさせる、もみじ回廊。

紅葉のいい季節の昇仙峡。
シャム猫ママの作品作りのインスピレーションになれば、と
親孝行のつもりで行ったのですが、想像以上にダイナミックな場所でした。
瞼の裏に、耳の奥に、
自然の彩りと、山と水の音が沁みこんでいます。

それもこれも、この日、一日ガイドをしてくれ、
適切で安全なアドバイスをくれたタクシー運転手さんのお陰でした。
つくづくよい方たちにご親切にしていただいた旅でした。

長い長い旅日記も次回が最終回です~




関連記事
No title
シャム猫様。
お、昇仙峡にお出掛けでしたか。
次回は御案内申し上げます。
ここいらは庭みたいなもんです。
From:鹿正 URL 2013.12.06. Fri 18:31 [Edit]
No title
シャム猫さん、こんにちは(*´∇`*)

ぶらり♪ 見ましたよ^^ お姉ちゃんと一緒に。
ゆめこもんさんに入った瞬間から、目線は後ろ(笑) そこそこ! あ!シャムチカって見えたね~^^ って、見てました。
ネル生地の着物の説明の時に 帯にノースポールちゃんが・・・!
あ~ 角度が~ 。とか言いながら。

雰囲気の良いお店ですね~(*^▽^*)
From:りんまる URL 2013.12.07. Sat 10:08 [Edit]
鹿正さん♪
感激の眺めでした!
匂いでした!
色でした!!
覚円峰を見たとき、
富士山と同じように
こういう景色を身近に暮らしている人たちは、
感性の種類が何か違うだろうな、
と思いました。
母は信州の生まれなのですが、
山の種類が全然違うそうですね。
えっほんとですか?!
わ~ うれしいです!
また是非伺いたいです。
有難うございます~
From:シャム猫 URL 2013.12.11. Wed 21:06 [Edit]
りんまる姉さん♪
きゃ~
お姉ちゃんと一緒に見てくれたの?
うれし!うれし!!
入った瞬間のあのショットでわかるとは、
さすが友だちだよ~(感涙)
そうなの!
帯もわかったんだ?!
さすが持つべきものは友だちだねぇ(感涙×2)
ちょっ、角度って、
ママとまるっきりおんなじこと言ってるんですけど。
さすが姉さんだよ~(笑)

こけし、届いた!!
写真撮って、つなびぃに載せたい~!
かわいくて、立てようとしたり、寝せたりして、
遊んでます^^

From:シャム猫 URL 2013.12.11. Wed 23:38 [Edit]
Name
Mail
URL
Title
Message

Pass
Secret

Top
Calendar
2018.12.
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
profile

シャム猫

Author:シャム猫
ヴィンテージ押し花アクセサリのatelier Shamchkaの、制作日記や、日々のできごと、吉祥寺のお店情報などを綴っています。
シャム猫さん、でも、シャムチカさんでも、お気軽に呼んでくださいね。

main HP
atelier Shamchkaのメインサイトです。イベントのお知らせや、過去のコレクションギャラリーも公開しています。
Online Store
atelier Shamchkaのオンラインストアです。次回コレクションやOPENなど、詳しくはブログの記事にてお知らせします。
Facebook
新作コレクション、お取扱店への納品、イベント情報をタイムリーにお届けします。
iPhone blog
携帯のminiブログです☆毎日更新中
Category
Recent Entries
Comment
コメントについて

いつも本当に

ありがとうございます!

書かれた方にその意図がないとしても、

悪意があるもの、

他の方が不快と感じる表現や言葉、

商業目的のものと判断した場合、

管理者の判断で

削除させていただきます。

Search in this blog
文庫「シャム猫」の本棚
面白い、面白くないにかかわらず、最近、観たDVD、読んだ本です。クリックすると、シャム猫のレビューが見られます。レビュー率 100%☆ ジャンル問わず、一定の速度で増えていきます。
↑ こちらの家のマークをクリックすると、登録してあるすべてのタイトルがご覧になれます。詳しくは【文庫「シャム猫」の本棚】をお読みくださいね。
シャム猫ポスト★
お仕事のご依頼、お問い合わせも、こちらへどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

Link
掲 載 誌
インテリアやアクセサリなどを、掲載していただいています。
LOVE!COLOR インテリア 2014年
グリーンと雑貨を楽しむ心地よい暮らし 2014年
Ray 2014年/3月
素敵なカントリー 2014年/春号
relife+ 2013年/vol.12
縫う*coudre Vol.2 2013年
アイリスオーヤマWebマガジン「マネしたい!素敵なお部屋紹介」2012年
素敵なカントリー 2012年/冬号
グリーンと雑貨を素敵に飾る本
素敵なカントリー 2012年/夏号
COTTON TIME 2012年/3号
素敵なカントリー 2012年/春号
素敵なカントリー 2011年/秋号
relife+ 2011年/vol.7
素敵なカントリー 2011年/夏号
大人で可愛いナチュラル服
2011年/冬号
「わたしの手作り雑貨」を売るための
ポイント80
saita 2010年/10月号
<WEB interview>
「雑貨の仕事塾」内
雑貨のお仕事プリンセス
雑貨カタログ 2010年/早春号
雑貨カタログ 2009年/冬号
雑貨カタログ 2008年/12月号
Monthly archive
いらっしゃいませ♪
現在の閲覧者数:

Copyright © 文庫「シャム猫」 All Rights Reserved.

Material by ふわふわ。り / Designed by Flug

photo by atelier Shamchka

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。